美容室のシャンプー等、美容専売品について

組織を意識する事は少ない

一般的な企業に就職する場合その会社の「組織」と言う事を意識せざるを得ない環境に置かれると思います。日々の仕事をこなす事は勿論ですが、その組織の考え方に乗っ取って行動しなくてはいけませんし、組織を乱すような言動は避けるのが普通です。それぐらいに「組織の一員である」事を無意識にも感じながら働いている場所とも言えるでしょう。美容室にも一応「組織」と呼べるようなところがあるようでうす。まずはそこそこの規模の美容室であるならば「本部」と言う所があり「マネージャー」と呼ばれる人がいるようです。そしてその下に店長、副店長、がいます。そして各店舗ごとにスタイリストとアシスタントがいる、というのが通常の美容室の組織といえるでしょう。ですが実際に美容師が関わるのはスタイリストとアシスタント、そして店長と副店長だけです。ですから店長とトップに後は先輩後輩関係の美容師と上手くやっていけばよい、という感じになっているようです。実際に働いている美容師たちも「組織」を感じる、と言う事はほとんどないようです。店舗が拡大される時期などに店長が移動になる、と言う話がでたり、だれが次の店長に昇格するのか、という話が出辺りする程度だと聞いています。そういう意味では一般企業のサラリーマンよりは精神的に「自由」なのかもしれませんね。